空室・空き部屋対策

アパート:内見見学

空室、空き部屋対策として何としても気合いを入れたいのがアパートの内見見学です。内見希望者というのは、かなりの”濃い見込み客”なわけです。この内見見学者がOKを出せば入居となるわけです。ここは、外さずに行きたいものです。 オーナー、大家側からも入居希望者を、下見?できるわけですから、家賃を滞納しそうな筋の悪そうな人間を、この時点で適当な理由をつけて断っても良いわけです。もっとも、これにはきちんと納得できる合理的な理由が必要でしょうが。。。 しかしながら、入居してほしい、筋の良さそうな内見見学者に、賃貸物件に関して悪い印象を持たれてしまうと、せっかく、あともう一歩のところまで来ていながら契約には至らないということになります。 内見が決まったら、是非ともがんばりましょう。それと仮に賃貸アパート・マンションを内見した人が契約に至らなかった場合でも、可能であれば入居を見送った理由を聞きたいところです。 ちゃんとした理由であれば、次回は、その問題点をクリアにすることで、内見から成約という流れに至るかもしれません。いづれにしても内見希望者は、濃い見込み客です。失礼のない、きちんとした対応をして成約までこぎつけたいものです。

PR 脱毛エステ 石川県